はとバス 東京 メイン

みなさんは「はとバス」を知ってますか?何となく聞き覚えがあり、沖縄の方で乗ったことがある人はかなりの”通”だと思います。なぜなら東京メインの会社だからなかなか「はとバス」を東京で乗りに行かれる方は少ないかと…。
ただこの「はとバス」意外と歴史があり東京の人達には知名度も高く、好んで乗られる方も多いみたいですね。東京の下町から、いま最も栄える場所までくまなくいくコースなんかもあって、普段なかなか見られない東京を楽しむ事ができるみたいです。
私が東京といって連想するのはやっぱり「はとバス」ではなく大都会とか、東京タワーとか、東京ディズニーランドとか(あ、東京ディズニーランドは千葉ですね(笑)。)都庁、六本木ヒルズ、空気が汚い、人が多い、日本の中心…といった所でしょうか。生まれてこのかた東京へは2回だけ、しかも1回は仕事でした。そういえば、駅のホームで乗り換えがわからなくなり売店のおばちゃんに尋ねたら顔も見ず声も発っさずアゴだけで方向を指された記憶がありますね。(泣)でもなかなか行く機会も少ない東京だからこそあえて時間を有意義に使い、「はとバス」でのんびり東京探索するのも悪くないかもしれませんね。

はとバス 東京 関東周辺

「はとバス」かわいい名前ですね。「はとバス」=東京という方は関東周辺に多いかもしれません。「はとバス」というくらいですから、バスでの旅行を楽しむというのはすぐにピンときます。実際に東京に行ったときは「はとバス」とローマ字で書かれたバスを見たこともあります。ただ乗った事はありません。ぜひ乗ってみたいのですが…東京というとなかなか遠く感じてまして…私から見たら大都会=東京ですね。多くの方がそう思っているとおもいます。他に思うのが”迷路”。なんでも東京で30年余りのキャリアをもつタクシー運転手さえ道に迷ってしまい、ナビで表示されない場所があるとか。ホントに東京は”奥”が深い印象を受けます。もちろん「はとバス」は道に迷わないと思いますが(笑)。
東京は都市開発が進み昨日はなかった建物や道が今日はあったり、昨日あったものが今日はなくなっていたりで建物や路地なんかを目印にしていたら景色の変わるスピードが速い東京ではすぐに迷ってしまうかもしれません。そんな時間の速い東京を「はとバス」でゆったり観光するのも悪くないかも。でも一応地図なんかは鞄に入れておきたいですね。「はとバス」を降りればそこは”東京”という迷路ですからね。

はとバス 東京 夜

「はとバス」に乗ってゴー!!東京をまるごと観光するなら絶対「はとバス」!私が面白いなと思ったのが、「東京夜ツアー」。東京の夜のまちを「はとバス」
でいくツアーで、東京都心でショッピングをして、高級ホテルでディナーの後、な、なんと東京夜のまち歌舞伎町に行き、ホストクラブでお母様方がお酒をのむというびっくり企画!しかもお値段も超リーズナブル♪東京の表だけでなく裏まで見せてしまうのが「はとバス」の魅力の一つですね。このコースは主に女性用。男性用はというと、前半はほとんど一緒なんですがお楽しみの後半はというと外見は女性、心も女性、体は…のいわゆるニューハーフのお店にお酒を飲みに行くんです!普段お母様方もお父様方もなかなか行く機会の少ない夜の東京ですから、料理のことはきにせずおもいっきり楽しんでいるみたいでした。(テレビでみました。)私もこういうコース一度は行ってみたいな。。。
ただ、最後がニューハーフなのが個人的には難ですが・・・。本物の女性の方が居られる所がいいですね(笑)。でも「はとバス」で歌舞伎町に集団で乗り込んだら、他の人になんだろう?とおもわれてしまう可能性大ですね。結構優越感が味わえるかも。

はとバス 東京 大阪

はとバスと大阪はとバスは関係ないんだ。東京のはとバスがゆうめいですよね。
株式会社はとバス (Hato Bus Co., Ltd.) は 東京都内・神奈川県内で定期観光バス、貸切バスを運行している会社です。1948年8月、新日本観光株式会社として設立され、1949年3月に東京都から遊覧バス事業を譲渡されました。現在の社名に改称されたのは1963年。その後数回にわたり東京都が出資し、現在、はとバスの資本金の37.9%を東京都が出資しています。本社は東京都大田区平和島5丁目4-1。
2003年4月より東京都内の都営バスの一部の業務受託も行っており、時を同じくして神奈川県内にも路線(定期観光を含む)・貸切の事業範囲が拡大されています。
なお、大阪で「大阪はとバス」を運営している大阪緑風観光や鹿児島の南九州はとバスなどは資本関係が一切なく無関係だそうです。
大阪でのはとバスと東京でのはとバスどちらがいいのか・・・。サービスや料金なんかもちがうのかな・・・。大阪に住んでいたのであまり観光という気分になれないし、やっぱりはとバス乗るなら東京で乗りたいな。

はとバス 東京 格安

「はとバス」をおもいっきりたのしも!しかも東京で!絶対に格安で!はとバスだからできる!というコンセプトで、はとバスは今日も頑張って走っているのでしょう。東京の名所を半日〜一日かけてゆっくりゆったり見学する。価格も料金表をみたかんじリーズナブルで東京をあまり知らない人はもちろんのこと、東京近辺にお住まいの方までもがもちろん十分楽しめる充実した内容にこのはとバスはなっている気がしますね。はとバスで東京のどこを巡るの?そんな疑問も私は出てくるんですが、侮るなかれこれまた東京は結構広いし奥が深い!たくさん時間をかけて遊べる所なんです!東京タワー、雷門、お台場、東京ドーム、などなど聞いたことはあるけど、結構いったことのない場所がたくさんあり、行きたいけどなかなか場所やスムーズな移動などを考えるといろいろ大変そうで断念してしまうところを助けてくれるのがこのはとバス。東京は渋滞が多いのでやはり、はとバスのプロの運転手さんとガイドの方にお世話になりながら楽しい東京を満喫するべきだと私は思いますね。単独でこの大都会東京と戦うのは戦場に生身の体で立つようなものです。なんでもそうなんですがプロに任せるのが1番です。
はとバスで東京。みなさんも一度楽しんでみてはいかがでしょう。

はとバス 東京 観光バスの日

観光バスの日(12.15)12月15日は観光バスの日です。1925年の今日、東京遊覧自動車会社が皇居前→銀座→上野のコースで定期観光バスを運行しはじめたのを記念するものです。ただ定期運行でなくてもよければ、東京市街自動車会社という所が遊覧コースの運行はしていました。東京の観光バスといえば「はとバス」ですが、はとバスは1948年8月に営業を開始しています。浅草寺や東京タワーなどを巡ぐるはとバス。最近は「お上りさん」的な人の減少からかはとバスの乗客も目減りしているようですが、この会社には頑張って欲しいものです。そもそも全国的に観光バスの経営は厳しくなってきているようですが背景には価値観の多様化があるのでしょう。特に価値観が多様化しがちな都会の観光は難しいものがあり、昭和40年代くらいまでは東京に出てきた人には、浅草寺,神田明神,東京タワー,上野動物園,代々木競技場,明治神宮などといった所をはとバスが回るだけで喜ばれたそうです。はとバスと東京の歴史は長いんだと痛感しました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。